リスクの少なさが強み

エステティシャン

基本的にはメスを使用しない

プチ整形は大体肌にメスを入れないものとして分類される傾向があるため、針や糸を使用したものがほとんどになります。その中で定番とも言えるのが目の二重整形で、切開するのではなく糸で目蓋を吊り上げる形がプチ整形に当たります。施術そのものがシンプルな上に糸を取り除けば元に戻せる可能性が高いということで、福岡でも人気が高いです。そして注射によって変化させるものも定番で、ヒアルロン酸を注入することが多いです。物理的に鼻を高くしたり、シワをなくすといった様々な使い道があり、身体に元々ある成分ということでリスクも少なく済みます。また同じ注射を使用するものでは、ボトックス使用する施術方法もあります。福岡でも複数の施術が受けられますが、筋肉の働きを抑制することが基本で、対象は全身に及びます。ただ場合によってはメスを入れたとしても、その規模が小さければプチ整形扱いになることもあります。特に二重施術では糸とは別に全切開と部分切開の違いがあり、その部分切開がプチ整形に含まれやすいです。

プチ整形は施術自体がシンプルなので、設備面や必要とする技術などが比較的少ないです。したがって料金が切開するような施術ほど高くはなりにくいので、大勢の人にとってハードルが低く、福岡でも人気を集めています。そして施術そのものも比較的簡単に済ませられ、時間を奪われにくいのも特徴です。プチ整形の範囲内であれば、1日で完了するものがほとんどでしょう。また美容整形で気を付けなければならない時間の問題は、施術が終わった後にも及びます。基本的に身体に何らかの手を加えるため、ほぼ必ずダウンタイムを確保しなければなりません。福岡でのプチ整形だと施術そのものがそこまで大掛かりではないことから、ダウンタイムが短く済むのが大きなポイントです。一時的に何らかの変化が起きたとしても、メイクやテープの貼り付けなど簡単な方法で隠せることが多いです。さらにリスクが少ない点も強みで、全てではありませんが元の状態に戻すことは不可能ではありません。したがって仕上がりが気に入らない時に戻すことを視野に入れた選択ができます。

Copyright© 2020 メスを使わない美容整形が注目されている理由と魅力を知ろう All Rights Reserved.